FC2ブログ
管理人の趣味であるプラモデルやカスタムトミカの製作過程を紹介しています。

<プラモデル>ハコスカ製作記 #04 ボディ下地塗装・その他パーツ塗装

前回の記事でひとまずシャーシは完成したので、今回からいよいよボディの塗装に入っていきます。



塗料の食い付きを良くするため、中性洗剤でボディ表面を洗っておきます。

CIMG7232.jpg



スポイラーが付属してたのでこの段階で付けておきます。

CIMG7265.jpg
関係ない話ですが、こうやって改めて見てみるとハコスカってイカツい顔してますね。



そしてサーフェーサーを吹いていきます。

ビン入りのサーフェーサーを薄めて、エアブラシでフチのほうから少しずつ塗り重ねていきまーす。

CIMG7276.jpg




ひとまずサーフェーサー完了です。

CIMG7281.jpg






ボディ製作と並行して、その他の細かいパーツも塗装していきます。




このキットではフロントのグリル周りが昭和44年式か45年式か選べるみたいです。
上が44年式で下が45年式です。

CIMG7255.jpg

個人的な好みで上の昭和44年式フェイスを選びました(^O^)


そしてこちらも塗装していきます。

CIMG7256.jpg

ナンバープレートやルームミラーはブラックに、その他のミラーやワイパー、グリルのライト周りなどはブラックで塗装後、メッキシルバーを吹いていきます。




「メッキ塗装の表現」というのはカープラに限らず、すべてのモデラーにとって永遠の悩みですよね・・・。

プラモデルを作ってると必ずこの大きな壁にぶつかります。鬼門です。(^O^)



僕も悩み続けて、未だにイイ塗料というのが見つかってないのですが・・・
今回、僕がメッキ部分の再現に使用したのはコレです↓

CIMG7270.jpg
ガイアカラー121 スターブライトシルバーです。

あまりメッキ表現という趣旨では使われてないようですが、値段も安価なので今回実験的に使ってみることにします。



グリル周りの塗りたくない部分にマスキングをして、シャーっと吹いていきます。

CIMG7275.jpg



2回ほど塗り重ねた後、仕上げにクリアーを吹いてマスキングを剥がします。
こんな感じです。↓

CIMG7277.jpg

少しラメのようなキラキラ感が気になりますが、まぁイイ感じの仕上がりだと思います。



この記事をご覧になってる方で、もしオススメのメッキ表現の塗料があればコメント欄などから教えていただければありがたいです(^-^)



他のパーツも同じ色で塗装します。

CIMG7282.jpg

ひとまずボディ下地と細かい部品の塗装は完了したので次回からはボディの本塗装に入っていきます。


続く。



ハコスカ製作記 #05へ



ハコスカ製作記 #03へ

スポンサーサイト



2012-07-07 : <プラモデル>ハコスカ製作記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あおぽん

Author:あおぽん
あお製作記へようこそ!
このブログではクルマのプラモデルやカスタムトミカ、その他DIYの製作過程を紹介していきたいと思います。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR