管理人の趣味であるプラモデルやカスタムトミカの製作過程を紹介しています。

カウンタック製作記 #01

どーも。
更新滞ってましたm(_ _)m

久しぶりにプラモデルの製作記を書こうと思います。

製作記の更新や、プラモデルの製作自体が滞ったり、途中で辞めたりしないように、テンポよくサクサクいきたいと思います!(切実。)


今回作るのはアオシマ文化教材社さんから出てる「ランボルギーニ カウンタック 5000QV インジェクションVer.」です!

IMG_1457.jpg

個人的に人生で一番憧れているクルマです。
小学校の頃からカウンタックが大好きでした。(そんな人、意外と多いのでは!?)

1985年のジュネーブショーでデビューした「カウンタック 5000クアトロバルボーレ」が、1988年にリファインされ、エンジンがキャブレターからインジェクション仕様になったモデルです。

サイドステップやエンジンフードのデザインも従来のカウンタックとは違うので、個人的には一番好きなカウンタックかな?と思います。(もちろん、LP500Sや25thアニーバーサリーも好きだけどね!)


早速箱をOPEN。
IMG_1458.jpg
アオシマさんのスーパーカーシリーズを作ったことがないので、「どんなものか!?」と思っていたのですが、説明書がしっかりしてるのと、部品数の多さがスゴイですね!作り応えがありそうです◎

まずはシャーシ・エンジンルームの大きなところから。
IMG_0948.jpg

続いてシャーシ下部の細かいところ、足回りの塗装です。
IMG_0950.jpg


サスペンション。
IMG_0951.jpg

足回り、組んでいきます。
IMG_0958.jpg
ん~~、もう少しブレーキディスクとパッドの部分の色分けがはっきりしてても良かったかな・・・
ブレーキパッド、説明書には「黒鉄色+シルバー」となってたのですが、ツヤありの黒でも良かったかも・・・

まぁ、カウンタックはディッシュホイールだからブレーキはあまり見えないからいっか。。。
IMG_0964.jpg

シャーシの細かい部品組みつけ。
IMG_0963.jpg

続いてエンジン。
IMG_0949.jpg
どの車種もそうですが、エンジンルーム内は「黒」と「シルバー」が多いので、塗装によるコントラストのつけ方や、微妙に違う色を混ぜて差異をつける、というのがなかなか難しいところでアリマス。

とりあえずこんな感じです。
IMG_0962.jpg

次回に続きます。
スポンサーサイト
2017-02-10 : <プラモデル>カウンタック製作記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

チャソ

Author:チャソ
チャソ製作記へようこそ!
このブログではクルマのプラモデルやカスタムトミカ、その他DIYの製作過程を紹介していきたいと思います。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR